楽天モバイル総まとめ!楽天ポイントも貯まる格安スマホ!5分かけ放題オプションも人気の秘訣

楽天モバイル料金と解約について

楽天モバイルの料金体系の説明をしていきます。月々の携帯代と見比べながら、通信費をどのくらい削減して経済性を高められるか、その点を良く見ながら検討してみて下さい。 楽天モバイルのそれぞれの料金およびプランについて、初期費用も加えてご説明しますね。

楽天モバイルの料金プラン・初期費用

楽天モバイルの料金は、データ通信専用SIMと音声通話SIMの二種類があります。音声通話ができるSIMには、070・080・090から始まる番号が利用できるので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、必ず音声機能付きSIMを選択するよう、お願いいたします。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

ベーシックプランでは低速通信のみが使い放題になっているプランで、そのプラン以外としては、LETの高速回線(225Mbps)プランとなるのです。楽天モバイルの初期費用は3,240円のみです。端末を購入する場合は、その金額もお忘れなく。

楽天モバイルの解約手数料

解約違約金に関して、ご紹介していきます。データSIMは、いつからいつまで利用しなければならないという、決まりがありません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、違約金が9800円も発生してしまうのです。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

楽天モバイルのインターネット速度

楽天モバイルの通信回線は、docomoの225Mbpsという高速な通信回線を採用しています。通信スピードについては、docomoの回線なら、安心の速度と信頼できますね。安い料金でdocomoと同じスピード回線で利用できるので、楽天モバイルの魅力的な特徴の一つです。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの通信制限

楽天モバイルでは、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなります。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 設定容量を超えたユーザーには、200Kbpsという低速通信が実施される事です。直近3日間の通信量が規定値を下回れば、自動的に解除となります。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB 5GBプラン=1GB 10GBプラン=1.7GB

楽天モバイルのチェックすべき項目

楽天モバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、通話品質や電波の届き具合もdocomoとなんら変わりはありません。さらに、楽天モバイル契約期間の間は、楽天ポイントが二倍になるサービスも魅力です。さて、楽天モバイルのキャンペーン情報・速度情報などをまとめました。お見逃しなく!

docomo回線網の格安SIM・格安スマホ!

業界最安値水準の月額料金で人気の楽天モバイルは、ドコモ回線を利用しています。したがって、ドコモと同じ高品質な通信サービスが提供され、また、当然ながらそのサービスエリアも安心の広範囲をカバーしていますので圏外の心配もほとんどありません。ほとんどのドコモの機種で快適な環境のもと楽天モバイルを使用することができます。楽天モバイルがお勧めするスマホをセットで買って使うということも、当然可能です。お手持ちのスマートフォンがドコモ端末ならば、SIMの申し込みだけで楽天モバイルをご利用いただけますので、新たにスマホを買いなおす必要はありませんのでお得です。分かりやすく言うと、利用は安いが、回線はドコモのものを使える、ということですね。

格安スマホの機種が豊富で嬉しい

手持ちのスマホが楽天モバイルで使えない場合、スマートフォン自体を購入する必要があります。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、楽天モバイルの以外のMVNOと比べても,非常にたくさんの種類があります。タブレットも多く取り扱っているため、スマホでは小さい、、、!という人にもオススメです。ただ、そんな素晴らしい楽天モバイルですが、端末代金を分割払いにするときには楽天カードが必要となることです。楽天カードを持っていない場合は、購入代金は一括で支払うしか方法がありません。ただ、スマートフォンにしてもタブレットにしても種類が圧倒的に多いと言う点では、他のMVNOに比べ大きな魅力と言えるでしょう。

データ通信料のくりこし

プランごとにデータの通信料は異なりますが、月によっては、あまり通信しなかったために容量の使い残しが出ることもありがちです。この点、楽天モバイルなら、余ったデータ容量を翌月に繰越て使うことができて、大変助かります。大手キャリアでは当たり前になっているこのサービスですが、格安SIMの中には繰り越しができないところもあるので、データ通信量の繰り越しができるのは、楽天モバイルのメリットと言えるでしょう。格安のサービスであるとはいえ、データ通信量の無駄はもったいないので効率良く使いたいですね。

電話代がお得な、楽天でんわ

「楽天でんわ」とは、楽天グループ傘下の楽天モバイルが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。このサービスは、電話番号の先頭に特定の番号を付けて発信するだけの「プレフィックス型」と呼ばれるもので、発信者の電話番号がきちんと相手側に通知されます。通話相手への番号通知にはいつも使っている携帯番号がそのまま使われます。そのため、受け手側にとっては今までの電話と何も変わらないのです。大抵のIP電話では、非通知表示であったり、050から始まる番号が表示されたりしますので、そのため、使い勝手の良さは楽天でんわの方が優秀と言えるのです。更に「楽天でんわ」はただ通話するだけで、楽天ポイントの加算対象で、使用した分だけポイントになります。とてもお得ですね!

5分電話し放題

大手3キャリアは、通話し放題プランを用意していますが、その他に属するMVNOの過半数はカケホーダイと言ったサービスがないのが正直目立ちます。月額料金が安いのは良いけど、通話料金が高そうで怖い。という方も、安心のサービスが開始されました。それが楽天モバイルです。月に850円を支払う事で『通話開始してから5分間の間なら何回でも無料で話せる』とゆうサービスです。この5分かけ放題オプションはIP電話ではなく、通常の電話回線を使う為、楽天でんわと一緒で、番号通知サービスもできるので、通常時の通話と同じように利用できるが最大の魅力です。NifMoにも通話し放題のサービスがありますが、こちらは発信者の番号が通知されない事が多いとレビューされています。楽天でんわでは、1分約21円の通話料が掛かるので、1回の通話時間が短い通話(5分以内)を毎月複数回(約10回以上)する方には、楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」はとても魅力的ですよね。

最初の1ヶ月は無料

格安スマホや格安SIMの契約をしたい人は、楽天モバイルにすれば、 契約した月の初めの一ヶ月は、料金が無料となります。SIMカードが手元に届いたら、その月が初めて1ヶ月の月になります。到着日によっては、丸々1ヶ月無料になりますね!月初めに契約をした方が無料になる日が多いのでお得な感じがしますが、現在利用してるスマホの契約との兼ね合いもあるので、月の初めまで待つことが良いとは限りません。よく検討してみてください。

【今月開催中】割引キャンペーン!

UQモバイルの料金・回線速度と評判について

UQモバイル料金に関して

UQモバイルの料金プランや通信速度についてご紹介します。現時点の毎月のスマホ料金と照らし合わせつつ、どれだけ携帯料金がお得になるか、手掛かりとしてください。 料金プランを見ていきましょう。

UQモバイルの料金

UQモバイルの料金プランに関しては、スマートホン用のSIMには、データ通信のみ可能なSIMとデータ通信と合わせて音声通話が出来るSIMがあり料金が異なります。音声通話SIMを使うことで、070とか080とか090のつく番号が使えるようになるので、一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。音声通話SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データSIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円となっています。

UQモバイルの最低利用期間

解約手数料に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。音声通話SIMだと、1年間は、違約金なしに解約できない決まりになっています。どうしても解約するまでに1年も待てないという場合、違約金として9,500円を支払わなければなりません。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 1年間我慢して、1年1ヶ月経てばいつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

回線速度

MVNOは各社が種々のサービスを提供していますが、UQモバイルは数あるサービスの中でも、通信時の速度の速さと安定感で定評があります。格安SIMアワード2015の結果を見ても分かるように、通信速度部門において、UQモバイルはトップの栄冠に輝いています。通信速度を最優先させ、スピーディかつ安定的な品質を求めている方には、UQモバイルが一番お勧めです。将来的にMVNOや格安スマホなどのサービスが、だんだん広がっていくことが予想されます。

UQモバイルでの速度制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。UQモバイルでは、料金プランごとの規定値は決められておらず、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されています。

UQ格安スマホの特徴まとめ

UQモバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、AUの回線を利用しています。大手携帯会社のdocomo、AU、softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。現在話題となっているのが、月々1680円で利用できるSIMサービスです。AU回線を利用しているUQモバイルは、電波の強さ、通話エリアなどの質の良さもAUと一緒ですので安心してご利用できます。さらに、UQモバイルでは、他社と違い、無料通話付きのプランも設定されています。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、UQモバイルの詳細を調べてみましたので、UQモバイルの長所・短所交えながら、ご紹介します。

AU回線の格安SIM

UQコミュニケーションズでは、AUの回線を利用している「UQモバイル」を提供しています。ですので、通話の品質はAUと比べてもなんら変わりはありませんし、サービスエリアもAUと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。UQモバイルの凄さは、AUのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。また機種を変更したい場合は、新たにSIMフリースマホをセットで購入することも可能です。既にAUのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけでUQモバイルが使えるようになりますので、また新たに機種を購入する必要もありません。定評のあるAUの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUQモバイルというわけなのです。

VoLTE(ボルテ)対応!

UQモバイルはMVNOの中でも早くからVoLTEに対応したことで話題となりました。今までの通話の品質よりも、VoLETの方がさらに良質で、通話方式の名称としては新しいものです。今までは、300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾えませんでした。このVoLTEは、50Hz~7kHzの音質を届けることが出来るようになっています。これで、従来よりもかなり高音質での通話が実現したということです。VoLTEに対応していることは、UQモバイルにとって安さ以外のセールスポイントになっています。

データ容量繰越しにも対応

UQモバイルではどうかをみてみると、 データ量は次の月に繰越もできるようになっており、月によってデータ使用量に変動があるユーザーも、安心して使えるのは、とてもポイントが高いです。UQモバイルにおいては、ターボ機能というものが用意されていて、任意で、データの通信速度を高速・低速の二種類の速度に切り替えて使用することが可能です。データ使用量を管理し、無駄なく使うにはうってつけの機能なのです。

UQモバイル評判

UQモバイルの持つ他のMVNOよりも優れた部分は、とにかく通信速度が速いことです。口コミやネット上での書き込みを見ても、評価が高く、他社に比べて料金プランの種類が少なかったり、金額の面での安さでは他社と勝負していませんが、全体的に見れば、かなり使いでのある格安SIMでしょう。各社が販売しているスマホのなかでも、頭ひとつ抜けてるサービスです。

快適すぎる通信速度

UQモバイルの最大のセールスポイントは、圧倒的に早い通信速度です。複数のMVNOを利用し長所?短所を比較している私でも、通信速度がいつ使ってもスムーズなため、携帯ではUQモバイルを最もよく使っています。動画や音楽を頻繁に楽しむ方から、MVNOはどれが良いか?とよく言われるのですが、私はいつも「UQモバイルがいいよ!」と教えています。他のMVNOよりも月額料金が多少高くなりますが、安定した高速通信を考慮するならば、最もプライオリティーの高い選択肢です。

UQmobileのキャンペーン詳細

Umobileの料金と初期費用、速度、評判などのまとめ

Umobile料金と初期費用

Umobileの料金設定、繋がりやすさのご説明です。これまで利用されていたスマホの月の請求代金と比べて、通信料金がどれだけ安く抑えることができるのか、確認してみるとよいでしょう。ということで、Umobileの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

Umobileの料金

Umobileのプランは、SIMは大きく2つに分類する事ができ、データ通信だけのものと、データ通信と音声通話のものに分かれています。音声通話用のSIMは、070/080/090の番号を使用するので、以前の携帯電話番号を利用したい時には、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。音声通話SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円となっています。

その代わりに毎月の料金がLTE使い放題プランと比べると、250円割引されているプランです。

Umobileの解約手数料

ユーモバイルの解約縛りと解約手数料、契約する前に、把握しておいてください。UmobileのデータSIMについては、最低の利用期間の設定はありません。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。しかし、通話SIMの場合は、6ヶ月間が最低利用期間となっています。6ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、契約を違反してしまいますと6,000円の費用が発生しますのでご注意お願いします。大手キャリアの場合、縛り期間が自動更新されキャリアと違い、7ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

LTE使い放題2の契約縛り

Umobileでは、LTE使い放題2プランのみ、他のプランと異なる特別な注意事項として、解約制限が設けられており、唯一異なる点です。契約から解約まで6ヶ月以内を切る場合には、違約金が発生し9,500円の支払いが必要となります。7ヶ月目~12ヶ月目に解約する場合には、3,500円の解約違約金が掛かります。利用開始月から11ヶ月以内でプラン変更する際にも、プラン変更手数料として3,500円必要となります。LTE使い放題2プランにはこのような制限があるので、契約をする際にはその点を十分に理解しておいてください。一見デメリットのように見えますが、その分、月額費用が毎月250円割引となるプランですので、長く使っても良い、1年以上は利用するという方には、LTE使い放題2はお得なプランなのです。

Umobileの口コミ

Umobileならではの魅力といえば、LTEの使い放題プランです。LTE回線を利用するのに、リミットが無く使い放題できるというのは、他のMVNOのプランにはなかなか見当たりません。よくネットを使う方はこのプランに変更するだけで、1ヶ月あたりの料金を大幅に減少させることができるかもしれません。

音声SIMなら、毎月400~600ポイントバック!

100万契約を超えた動画配信サービスU-NEXTで利用できる、U-EXTポイントが1ヶ月に1回還元されるメリットがあります。LTE使い放題2プランでは、毎月400ポイントをGET!その他のプランでも、毎月600ポイントがGETできます!多くの場合、「U-NEXT」で視聴するには1作品300円程度かかりますので、月2本程度が無料で視聴できることになります。映画や、ドラマ、アニメや大人向けの作品まで、ジャンルは様々、種類も数多く揃っております。月額料金が3,000円程度でありながら400~600ポイントも還元されるというのは、とてもお得なサービスで魅力的です。

回線速度に関して

たくさんあるMVNOの中でも、Umobileは、docomoが提供している225MbpsのLTE回線を利用したスマホサービスです。対応エリアが広く、回線の信頼性が高いので安心できるサービスです。

Umobileでの3日間制限

Umobileは、誰もが同じように使用できるよう、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、決められた容量を超過した利用者に対して、通信速度を制限しています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量が決められた容量を下回れば、自動的に速度制限の処置は解除されます。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。速度制限の対象とする3日間の規定容量は記載されていませんでした。

Umobile格安SIMとは?

スマホやSIMにかかわる諸費用を大きく節約できるMVNOには多くの企業が参入していますが、その1つであるUmobileは、動画配信サイト「U-NEXT」も運営している株式会社U-NEXTのサービスです。運営会社であるU-NEXTは、2015年の12月18日に東証一部に上場をはたしていて、信頼性も高いですし、世間に広く認知されていない企業ではありますが、注目のMVNOとして挙げられるほどになっています。MVNOとして類を見ない点は、高速なLTE通信が制限なしで利用可能なコースを用意していることです。通信速度で選ぶなら、Umobileにするのがいいでしょう。Umobileって何?という方の為にも、Umobileのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

docomo回線の格安SIM

Umobileの回線は、大手キャリアであるドコモの回線をそのまま利用しています。そのため気になる通話品質はdocomoと変わりませんし、使用可能エリアも広いため、繋がりにくく不便だと感じる事はありません。Umobileの凄さは、docomoのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。また機種を変更したい場合は、新たにSIMフリースマホをセットで購入することも可能です。docomoのスマホをお持ちの方であれば初期費用としてはSIMカードの契約だけとなりますので、新しくスマートフォンを購入する必要もありません。ドコモの信頼度などはそのままで、広い範囲をカバーしている通話環境の理由からも安心です。しかもリーズナブルに利用できるという、とてもお得なサービスです

LTE使い放題!

Umobileでは、格安でありながら「LTE使い放題」プランが用意されており、ライバル事業者のほとんどが使い放題に対応していないことから、そこがUmobileのおすすめポイントとなっています。インターネットを頻繁に利用する場合、LTEの高速回線が無制限で使えるという事は、速度制限や通信制限を気にせず使えると言うのは、とても魅力的なプランです。気になる料金も無制限プランでありながら月額2,730円からメニューが用意されています。この価格でLTE使い放題を利用できるキャリアは、なかなか見つかりませんね。いかにオトクであるかお分りになると思います。インターネットを頻繁に利用している人にとっては、かなりお得なプランですね。ネットサーフィンやストリーミング再生などをたくさんする人の場合は、絶対に見逃すことのできないMVNOです。Umobileの公式サイトから、LTE使い放題プランの詳細を確認することができるので、ぜひお確かめください。

ネットで即日MNPに対応

UmobileへMNPする時に嬉しいのは、即日MNPに対応していることです。MNPのなかでも、MNP届け出方式をUmobileでは利用する事で、手続きはオンライン上でスピーディに、申し込みからSIMカード到着までの不通期間もなくMNPが可能となりました。以前は、即日MNPをするためには実店舗に赴くことが不可欠でしたが、UmobileのMNP届け出方式なら、時間を気にせず自宅や出張先でさえも即日MNPが可能となっています。これまで格安料金に魅力を感じながらMNPの際に携帯を使えない期間が生じるのがNGで、他社への乗り換えに二の足を踏んでいた人には、嬉しいサービスです。やり方としては、新しいSIMカードが?元に届いてから、Umobileの会員専用ページで回線を切り替えるため、ワンクリックするだけです。簡単な手続きでMNPができますので、ますます格安スマホへの乗り換えがしやすくなっています。

Umobileのキャンペーン!!

mineoの特徴と詳細まとめ│関西電力系列の格安SIM・格安スマホ!

mineoのチェックポイント

格安スマホのサービスの一つであるmineoついてご説明させていただきます。もしドコモやAU、ソフトバンクなどの他社からの乗り換えを考えているならば、月々のスマホ代をかなり安くすることができるので、大変お得なサービスと言えます。mineoを利用すれば、月々1,310円という低料金でスマホを持つことができます。サービスの方も、国内では初めてマルチキャリアMVNOを採用しており、AUの回線を利用するAUプランか、ドコモ回線を利用するドコモプランの2系統から選べるMVNOです。通話の音質や電波エリアも、docomoやAUと変わりないので安心です。というわけで、今回は、mineoをどこよりも分かりやすく解説しました。節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

docomoとAU回線の格安SIM・格安スマホ

docomo回線とAU回線の2系統から選ぶ事が出来る、マルチキャリアMVNOでサービスプランをラインナップしているmineo。通話の音質もdocomoやauと変わらぬ良い音質ですし、サービスエリアもdocomoやAUと何ら変わりません。その上、docomo回線とAU回線を使っているのでdocomo、AUのスマホがそのまま使えるので、新しいスマホを買い直さなければならないということもないのです。スマホを買い替える必要が無いのは、余計なお金の負担が無いので嬉しい話です。もちろん、mineoで販売している格安スマホも、docomoプランとauプランのどちらにも対応しています。キャリア回線と同じものを割安で使えて、docomoにするか、auにするか、お好きな回線を選んで契約することが可能となっています。どちらの回線を使うかによって毎月の料金が若干違うので、値段の違いも考慮して検討すると良いでしょう。

高品質通話VoLTE対応プランがある!

mineoには、VoLTE対応プランがあることで話題です。VoLTEというのは、最新の通話方法の名称です。新技術を用いた新たな通話サービスの事です。これまでの音声は、300Hz~3.4kHzまでの周波数しか拾えませんでした。今では50Hz~7kHzの周波数までの音を聞き取ることができます。すなわち、今までと異なり、快適な音質での通話が可能ということになったわけです。mineoの売りの一つが、VoLTEの採用によって実現した高音質通話なのです。

容量くりこしOK

更に、mineoになれば、高速データ通信の容量が余った場合に次の月へ繰り越せることで、月によりデータ量が増減するような方でも、気兼ねなく使用できると言う点は大きなメリットになります。

mineoスイッチを活用してデータ量節約

そしてmineoスイッチというものもあって、通信速度が高速と低速のどちらでも切り替え可能です。データ量の無駄使いを抑えることができる便利な機能になっています。mineoスイッチを上手にWi-Fiと併用すれば、更に低額なプランでも十分に活用できると思います。スマホの代金を安くしたい方の頼りがいのある相棒になるでしょう。

mineo料金プラン

mineoの料金と速度の体系をみてみましょう。現在ご利用中のスマホの料金と比べながら、mineoを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、確認してみてください。 mineoの料金プランを見ていきましょう。

マイネオの料金プランと初期費用

マイネオの料金プランは、格安なデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMと二種類の料金体系となっております。番号が070、080、090で始まるものは音声通話SIMとなるので、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円です。

mineoの契約縛りについて

mineoの解約手数料、これは事前に把握しておきましょう。mineoは利用期間を縛っていないMVNOなので、解約する際にも、手数料がありません。利用期間や手数料を気にせずに格安SIMを試用できるという点が、試しに格安スマホを使ってみようと思う方には、とても便利なサービスだといえます。しかし、1年以内のMNP転出の場合は、12,420円の手数料が必要となるのです。通話SIMで契約された場合は、これだけは忘れないでおきましょう。

mineoの通信速度

mineoのデータ通信速度についてご紹介します。docomo回線を使用するDプランはdocomo Xiの最大225Mbps、au回線においても、225MbpsのLTE回線なのです。ネットのニュース等でも比較の記事を目にしますが、利用者のアクセスが多い時間帯は、キャリア契約期間の回線の方が圧倒的な通信速度になります。通信を行う時に常に高速でなければ駄目というのであれば、キャリア契約の方がおすすめと言えるでしょう。ただ、料金の安さは大変魅力がありますので、通信速度のことを差し引いても、mineo等の格安スマホはコストとパフォーマンスの点からお得なサービスだと思います。

mineo Aプランにおける通信制御

どのMVNOでもそうですが、利用者が平等に快適に利用できるように、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられます。直近72時間のデータ通信に使用した容量に応じて、予め決まっている量を越した方に対しては、今までより遅い低速通信がはじまります。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量が決められた容量を下回れば、自動的に速度制限の処置は解除されます。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。料金プランによる規定容量は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で1GB/3日が規定値になっています。

mineo Dプランでの72時間制限0

mineoのドコモプランを利用する場合には、直近3日間の通信量に応じて速度規制がかかる仕組みを取っていません。週末に動画を多く閲覧するなど日によって通信量が多くなることが予想される方は、au回線プランではなく、ドコモ回線プランの方が、いわゆる「3日制限」の心配は不要です。そういうことも含め、どちらのプランが良いのか検討してみてください。

いま開催中の限定キャンペーン!

IIJmioスマホが人気の理由とは?格安SIMのパイオニアインターネットイニシアティブジャパン

IIJmioスマホのチェックすべき項目

音声通話機能付きSIM「みおふぉん」についてご紹介します。「みおふぉん」は(株)インターネットイニシアティブジャパンが提供するサービスです。株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスが開始された時から営業を開始しているため、まだ格安SIM/格安スマホという言葉があまり世の中に出回っていない頃からサービスを提供していたので、IIJmioの名を何度も目にしたことがあるでしょう。格安SIMサービスの満足度を調査し表彰する「格安SIMアワード2015」の総合部門で最優秀賞を受賞した実績があります。ブランドイメージや充実した顧客のサポート体制がプラスとなり、受賞に結びついたのでしょう。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、IIJmioの評判から速度まで、まとめてみました。楽しく読んで下さいね♪

docomoの基地局を利用したお得なスマホ!

IIJmioはdocomoの回線を利用して、高速データ通信サービスをユーザーに提供しています。気になる性能ですが、docomoと同じ回線ですので、docomo回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。お客様が現在、docomoのスマートフォンを利用しているのであれば、ほとんど場合でそのまま利用することができます。そのため、IIJmioが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。docomoのスマートフォンをすでにお持ちの方であれば、IIJmioのSIMカードを契約をするだけでそのまま使用できますので、高額な端末代金を購入する必要がないので、通常かかってしまう機種代金を大幅に節約できる点も魅力的ですね。IIJmioは、今お使いのdocomoの通信環境のままで安心してご利用いただける、格安でお得なサービスです。

バースト機能│低速通信時も快適

IIJmioには、「バースト機能」というものが搭載されています。このバースト機能とは何かをご説明いたします。通信速度が低速化した際に、最初の3秒間ほど高速データ通信を行うことで、ウェブページを少しでも早く表示させようとする機能です。この機能があると、低速回線でもインターネットの繋がりやすさが向上し、待ち時間が短くなり、インターネットを気持ちよく利用することができるので、IIJmioにおいて非常に便利な機能となっています。しかし、この便利な機能はIIJmioとDMMモバイルでしか取り扱ってないようです。

あまったデータ容量の翌月繰越対応

プランによって月々利用できるデータ量の上限には違いはありますが、データ使用量が少なくて、余ってしまう月もあると思います。IIJmioはこういった場合でも、嬉しいことに翌月繰り越しサービスがあるのです。このような翌月加算サービスをしていないMVNOもありますので、次月への持越しができるという点は、IIJmioならではの魅力といえるでしょう。格安スマホといえど、月々のデータ通信量も無駄なく使いたいものですよね。

家族利用で更にお得、10人までシェア出来る

IIJmioの追加SIMサービスなら、SIMカードをMAXで10枚で追加する事ができます。llJmioへ二世帯家族、皆で乗り換えると、これまで利用してきている携帯料金との差額が間違いなく大きくなります。家族の人数が多いとその分携帯代も高いので、非常に大きいコストカットが出来るはずです。格安スマホの普及が進んできた、今がまさにこうした家族の携帯代を見直すチャンスです。お客様サポートでも評価の高いIIJmioですから、「格安スマホってよくわからないんだけど…」とちょっと不安なあなたにもお勧めです。ファミリーシェアプランにはオプションで「みまもりパック」というものがあり、子どもでも安心して使うことができます。

みおふぉんの速度

MVNOには様々な種類がありますが、その中でもIIJmioは、使用している格安スマホのサービス体系はdocomoの225MbpsのLTE回線である。注目すべきは回線速度の速さと、対応エリアの広さでそういった点で安心できるサービスということができます。通信速度も速く、安定感があり、いろいろなサイトの口コミやレビューを読むと、さすが人気を裏付けるだけの高い評価を得ているようです。「安い、なお且つ、速い」格安スマホをお探しの方には、IIJmioを利用すれば二つのニーズを満たすことができると思います。

IIJmioにおける72時間制限

みおふぉんは、ただし、低速通信をしている時に限っては、直近72時間の通信料に応じて、速度制限の対象になる場合があります。ただし、72時間の通信データ量を基準とした制限は、高速通信については実施されませんので心配無用です。契約者が同じ条件で利用できるよう、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなります。直近72時間のデータ通信に使用した容量に応じて、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。

IIJmio口コミまとめ

IIJmioのメリットは、サポートが手厚いこととブランドからくる信頼性の2点があります。株式会社イードがおこなっている格安SIMアワードにおいて、総合部門の最優秀賞を受賞したということからも、この結果からも多くの人が満足しているということがわかります。購入後は電話での窓口も設けているので、格安スマホやSIMフリースマホ初心者でも、格安スマホデビューするMVNOとしておすすめできる理由となります。

安定した高速通信と手厚いサポートが人気の理由

IIJmioの口コミや評価によると、通信速度がぶれることなく速いことと、フォローがしっかりしていることが評価アップの理由のようです。格安SIMアワードの結果にもその人気は見受けられ、顧客満足度の高さが評価され総合満足度最優秀に輝きました。つまり、IIJmioは格安スマホを始める際に、優秀な選択肢になるでしょう。現在あるMVNOの中でも、老舗としてのブラント力が強いMVNOであると言えます。IIJmioはずっと安定して高評価のレビューが多いので、会社選びで悩んでいる方には、何の問題もなく業者候補の一つに加えられることでしょう。

IIJmio料金と初期費用に関して

IIJmioの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。今現在ご使用されている会社の料金と見比べて、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、ぜひ比べてみてください。 月額プランを見てみましょう。

IIJmioの料金・初期費用

IIJmioの料金プランは、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。音声通話付きSIMは、070/080/090ではじまる番号を使うことができるので、今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、データ専用SIMでなく、音声通話SIMを選択する必要があります。音声SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円となっています。

データ通信専用SIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円です。

違約金

みおふぉんの最低利用期間について、ご紹介していきます。IIJmioについては、データSIMの最低利用期間に関する制約はありません。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。もし都合により12ヶ月経たないうちに解約すると、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は9,000円です。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

締切間近の割引キャンペーンの詳細

DMMモバイルの格安SIMの特徴と速度・料金

DMMモバイル格安SIMの特徴まとめ

DMMモバイルは、多数あるMVNOの一つであり、テレビCMでも有名なDMM.comが運営する、格安スマホサービスです。ほとんどのプランで業界最安値の料金で提供しているので、DMMモバイルは人気が高いMVNOなのです。月額料金をとにかく低く抑えたい方には、真っ先におすすめしたいMVNOです。通信回線の速度、安定感も申し分なく、インターネットが快適に使用できるのも好評です。それでは、DMMモバイルのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、節約料金を妄想しながら、楽しんでいってください。

docomo回線網を使ったMVNO

豊富な動画コンテンツの配信サービスでおなじみのDMM.comの格安スマホサービス「DMMモバイル」はNTTdocomoの回線を使ってサービスを提供しています。docomoの回線を利用しているので品質レベルはdocomoと同じで、docomoと同様のエリアでサービスが利用可能なため、つながりやすさもお墨付きです。また、docomoのスマホを使っていたら大概の場合そのままDMMモバイルのSIMを使うことができます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。docomoのスマホを利用している方であれば、SIMカードを契約するだけで使うことができますので、端末本体の費用が抑えられるので乗り換えのハードルがぐっと下がることになります。スマホにかけるお金は減らしつつ、それでもdocomoの回線で安心に便利にオトクに、それがDMMモバイルです。

iPhoneが24回払い出来る

DMMモバイルの大きな特色の一つに、iPhoneの分割購入が出来る点が挙げられます。海外製の廉価端末を揃えている会社は数多くありますが、iPhoneのような高級機種を入手することが出来ません。そうした格安スマホ各社の中でもDMMモバイルにはセット機種のラインナップに最新のiPhone6もあるということで、MVNOでiPhoneを買いたいのであれば、DMMモバイルが一番良いという結果になります。MVNOを利用したいという方で、iPhoneを使いたいという方は、MVNOの中でもDMMモバイルは最も適していますね。iphoneが分割で購入できる点でDMMモバイルでも売り切れになることもありますので、入荷のタイミングを確認し、在庫があるうちにすかさず申し込むのが賢いやり方と言えるでしょう。

データ容量の翌月繰越し

どのプランを選ぶかによってデータ通信量は異なりますが、時によってはあまり使用しなかったためにデータ容量がたくさん余ってしまう月もあります。DMMモバイルの場合であれば、余ったデータ容量を、翌月に持ち越すことができるのです。MVNOでは余った容量を翌月繰越しできない場合があるので、DMMモバイルはこういった点においても、お得と言えます。格安スマホでありながら、データの繰り越しもできて素晴らしいサービスです。

即日MNPもできる!

DMMモバイルへMNPする時に嬉しいのは、即日MNPに対応していることです。MNPのなかでも、MNP届け出方式をDMMモバイルでは利用する事で、ネット上から簡単な手続きを済ませるだけで、空白期間なくMNPが利用できます。今までこの不通期間が嫌で即日MNPをしようと思っても店頭へ出向く必要があったことと、受け付けてくれる店舗も少なかったのですが、現在では自宅などでも直ちにMNPが利用できるようになっています。出張先でも手続き可能です。サービスが不通になる期間が心配で、MVNOの格安スマホへのMNPを敬遠していた方も、これなら安心して切り替えできますね。この即日MNPは、SIMカードが届いたらDMMモバイルの会員サイトにアクセスして回線の切り替えボタンをクリックするだけで終了です。誰にでもできる簡便な手続きなので、より格安スマホへの乗換えが今まで以上にスムーズに行えます。

DMMモバイル契約中、毎月DMM.comのポイントバック!

DMMモバイルを契約してから解約するまでの間は常に、毎月の利用金額の10%がポイントバックされるという、とてもお得で良心的なキャンペーンを実施しております。毎月の基本料金だけでなく、通話料やオプション料金も対象ですので、たいへんお得な見逃せないキャンペーンになっています。ただでさえ、月々の料金が業界内でもトップクラスの安さであるのに、その上、10%をポイントとして還元してくれるため、他と比較にならないくらい優秀なMVNOだと思います。携帯代をかしこく節約したい方にはDMMモバイルがぴったりですね。

バースト機能があるので、快適な低速通信

今話題の格安スマホDMMモバイルの機能に、バースト機能というものがあります。「バースト転送」とは何なのか、その仕組みに言及しながらご案内します。バースト機能とは低速通信時に、通信を始める際の最初の1~3秒程だけ高速通信を行って、コンテンツが読み込まれる速さを改善するものです。そのため、低速通信の時でも速いスピードで読み込みができるようになるので、読み込み時に遅れを感じてイライラさせられることが少なくなり、ページ表示がスムーズに見ることが出来るので、人気の機能となっています。現在のところ、DMMモバイルとIIJmioのみで採用され、話題になっています。

DMMmobileの通信速度について

いろいなMVNOの携帯プランの中でも、DMMモバイルは、docomoの225MbpsのLTE回線を使用したサービスです。通話可能範囲や通信速度において非常に定評があり、安心して利用できます。ネットの繋がりやすさもいいようで、口コミサイトでの評価にも、中々の高評価を得ているという印象です。通信スピードが速くてしかも料金がお手頃という格安スマホを探している人にとっては、そんな方に最適なMVNOがDMMモバイルと言えるでしょう。

DMMモバイルでの通信制御

DMMモバイルでは、低速通信を利用した時に、最近の三日間で使った通信量が多かった場合は、通信速度が制限されてしまうことがあります。高速通信を利用しているときは速度規制の対象外となっていますので問題ありません。利用者全てが平等に使えるように、多くデータを使用した人の通信速度がコントロールされます。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、定められた量以上のデータを通信したユーザは、速度を制限した状態で回線を使用することになります。ここ3日間でのデータ使用量が一定の値を下回れば、通信制限は解除されます。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。

DMMモバイルの評判

DMMモバイルの1番良い点は、高速通信を安定して利用できる点と月額費用の安さではないでしょうか。安定した実効速度を安い月額料金で得られることを望む方にとって、DMMモバイルを利用するのが一番といえるでしょう。口コミなどでも、最も評価されているのは、DMMモバイルを選ぶ上でのポイントになったようです。

安定した高速通信が快適!

DMMモバイルがどれだけ評判になっているかを見てみると、主に、通信の実効速度とその安定性の高さについて語られています。料金が安いにも係わらず、通信速度が速く安定しているので、赤丸急上昇のMVNOだそうです。なんと、DMMポイントも10%還元されるので、速度とコストパフォーマンスを重視するのであれば、DMMモバイルはイチ推しの格安スマホです。DMMモバイルで格安SIMを始めてみませんか。

DMMモバイル月額プランと解約

DMMモバイルの料金について、また通信スピードについて説明したいと思います。現時点の毎月のスマホ料金と照らし合わせつつ、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、比べてみて、お得感を実感して下さい。 月額プランの詳細を見てみましょう。

DMMモバイルの月額プラン

DMMモバイルの月額プランは、SIMにはデータ通信専用のものと、音声通話付きのものの2種類があります。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、従来のキャリア端末と同様にご使用されたい場合は、必ず音声通話付きのSIMカードを選択してください。くれぐれもデータ通信専用SIMと間違わないように注意してください。音声通話SIMの料金は、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円:す。

データSIMの月額費用は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円です。

DMMモバイルの契約縛り

DMMモバイルの解約縛りと違約金について、解説していきます。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。いつ解約しても、解約手数料は掛からないのが嬉しいですね。音声通話SIMに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。仮に、12ヶ月以内に契約を解除するのであれば、解約手数料は9,000円かかりますので注意が必要です。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

間もなく終了の割引キャンペーン