タグ別アーカイブ: 速度

mineoの特徴と詳細まとめ│関西電力系列の格安SIM・格安スマホ!

mineoのチェックポイント

格安スマホのサービスの一つであるmineoついてご説明させていただきます。もしドコモやAU、ソフトバンクなどの他社からの乗り換えを考えているならば、月々のスマホ代をかなり安くすることができるので、大変お得なサービスと言えます。mineoを利用すれば、月々1,310円という低料金でスマホを持つことができます。サービスの方も、国内では初めてマルチキャリアMVNOを採用しており、AUの回線を利用するAUプランか、ドコモ回線を利用するドコモプランの2系統から選べるMVNOです。通話の音質や電波エリアも、docomoやAUと変わりないので安心です。というわけで、今回は、mineoをどこよりも分かりやすく解説しました。節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

docomoとAU回線の格安SIM・格安スマホ

docomo回線とAU回線の2系統から選ぶ事が出来る、マルチキャリアMVNOでサービスプランをラインナップしているmineo。通話の音質もdocomoやauと変わらぬ良い音質ですし、サービスエリアもdocomoやAUと何ら変わりません。その上、docomo回線とAU回線を使っているのでdocomo、AUのスマホがそのまま使えるので、新しいスマホを買い直さなければならないということもないのです。スマホを買い替える必要が無いのは、余計なお金の負担が無いので嬉しい話です。もちろん、mineoで販売している格安スマホも、docomoプランとauプランのどちらにも対応しています。キャリア回線と同じものを割安で使えて、docomoにするか、auにするか、お好きな回線を選んで契約することが可能となっています。どちらの回線を使うかによって毎月の料金が若干違うので、値段の違いも考慮して検討すると良いでしょう。

高品質通話VoLTE対応プランがある!

mineoには、VoLTE対応プランがあることで話題です。VoLTEというのは、最新の通話方法の名称です。新技術を用いた新たな通話サービスの事です。これまでの音声は、300Hz~3.4kHzまでの周波数しか拾えませんでした。今では50Hz~7kHzの周波数までの音を聞き取ることができます。すなわち、今までと異なり、快適な音質での通話が可能ということになったわけです。mineoの売りの一つが、VoLTEの採用によって実現した高音質通話なのです。

容量くりこしOK

更に、mineoになれば、高速データ通信の容量が余った場合に次の月へ繰り越せることで、月によりデータ量が増減するような方でも、気兼ねなく使用できると言う点は大きなメリットになります。

mineoスイッチを活用してデータ量節約

そしてmineoスイッチというものもあって、通信速度が高速と低速のどちらでも切り替え可能です。データ量の無駄使いを抑えることができる便利な機能になっています。mineoスイッチを上手にWi-Fiと併用すれば、更に低額なプランでも十分に活用できると思います。スマホの代金を安くしたい方の頼りがいのある相棒になるでしょう。

mineo料金プラン

mineoの料金と速度の体系をみてみましょう。現在ご利用中のスマホの料金と比べながら、mineoを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、確認してみてください。 mineoの料金プランを見ていきましょう。

マイネオの料金プランと初期費用

マイネオの料金プランは、格安なデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMと二種類の料金体系となっております。番号が070、080、090で始まるものは音声通話SIMとなるので、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円です。

mineoの契約縛りについて

mineoの解約手数料、これは事前に把握しておきましょう。mineoは利用期間を縛っていないMVNOなので、解約する際にも、手数料がありません。利用期間や手数料を気にせずに格安SIMを試用できるという点が、試しに格安スマホを使ってみようと思う方には、とても便利なサービスだといえます。しかし、1年以内のMNP転出の場合は、12,420円の手数料が必要となるのです。通話SIMで契約された場合は、これだけは忘れないでおきましょう。

mineoの通信速度

mineoのデータ通信速度についてご紹介します。docomo回線を使用するDプランはdocomo Xiの最大225Mbps、au回線においても、225MbpsのLTE回線なのです。ネットのニュース等でも比較の記事を目にしますが、利用者のアクセスが多い時間帯は、キャリア契約期間の回線の方が圧倒的な通信速度になります。通信を行う時に常に高速でなければ駄目というのであれば、キャリア契約の方がおすすめと言えるでしょう。ただ、料金の安さは大変魅力がありますので、通信速度のことを差し引いても、mineo等の格安スマホはコストとパフォーマンスの点からお得なサービスだと思います。

mineo Aプランにおける通信制御

どのMVNOでもそうですが、利用者が平等に快適に利用できるように、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられます。直近72時間のデータ通信に使用した容量に応じて、予め決まっている量を越した方に対しては、今までより遅い低速通信がはじまります。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量が決められた容量を下回れば、自動的に速度制限の処置は解除されます。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。料金プランによる規定容量は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で1GB/3日が規定値になっています。

mineo Dプランでの72時間制限0

mineoのドコモプランを利用する場合には、直近3日間の通信量に応じて速度規制がかかる仕組みを取っていません。週末に動画を多く閲覧するなど日によって通信量が多くなることが予想される方は、au回線プランではなく、ドコモ回線プランの方が、いわゆる「3日制限」の心配は不要です。そういうことも含め、どちらのプランが良いのか検討してみてください。

いま開催中の限定キャンペーン!