タグ別アーカイブ: MNP

IIJmioスマホが人気の理由とは?格安SIMのパイオニアインターネットイニシアティブジャパン

IIJmioスマホのチェックすべき項目

音声通話機能付きSIM「みおふぉん」についてご紹介します。「みおふぉん」は(株)インターネットイニシアティブジャパンが提供するサービスです。株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスが開始された時から営業を開始しているため、まだ格安SIM/格安スマホという言葉があまり世の中に出回っていない頃からサービスを提供していたので、IIJmioの名を何度も目にしたことがあるでしょう。格安SIMサービスの満足度を調査し表彰する「格安SIMアワード2015」の総合部門で最優秀賞を受賞した実績があります。ブランドイメージや充実した顧客のサポート体制がプラスとなり、受賞に結びついたのでしょう。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、IIJmioの評判から速度まで、まとめてみました。楽しく読んで下さいね♪

docomoの基地局を利用したお得なスマホ!

IIJmioはdocomoの回線を利用して、高速データ通信サービスをユーザーに提供しています。気になる性能ですが、docomoと同じ回線ですので、docomo回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。お客様が現在、docomoのスマートフォンを利用しているのであれば、ほとんど場合でそのまま利用することができます。そのため、IIJmioが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。docomoのスマートフォンをすでにお持ちの方であれば、IIJmioのSIMカードを契約をするだけでそのまま使用できますので、高額な端末代金を購入する必要がないので、通常かかってしまう機種代金を大幅に節約できる点も魅力的ですね。IIJmioは、今お使いのdocomoの通信環境のままで安心してご利用いただける、格安でお得なサービスです。

バースト機能│低速通信時も快適

IIJmioには、「バースト機能」というものが搭載されています。このバースト機能とは何かをご説明いたします。通信速度が低速化した際に、最初の3秒間ほど高速データ通信を行うことで、ウェブページを少しでも早く表示させようとする機能です。この機能があると、低速回線でもインターネットの繋がりやすさが向上し、待ち時間が短くなり、インターネットを気持ちよく利用することができるので、IIJmioにおいて非常に便利な機能となっています。しかし、この便利な機能はIIJmioとDMMモバイルでしか取り扱ってないようです。

あまったデータ容量の翌月繰越対応

プランによって月々利用できるデータ量の上限には違いはありますが、データ使用量が少なくて、余ってしまう月もあると思います。IIJmioはこういった場合でも、嬉しいことに翌月繰り越しサービスがあるのです。このような翌月加算サービスをしていないMVNOもありますので、次月への持越しができるという点は、IIJmioならではの魅力といえるでしょう。格安スマホといえど、月々のデータ通信量も無駄なく使いたいものですよね。

家族利用で更にお得、10人までシェア出来る

IIJmioの追加SIMサービスなら、SIMカードをMAXで10枚で追加する事ができます。llJmioへ二世帯家族、皆で乗り換えると、これまで利用してきている携帯料金との差額が間違いなく大きくなります。家族の人数が多いとその分携帯代も高いので、非常に大きいコストカットが出来るはずです。格安スマホの普及が進んできた、今がまさにこうした家族の携帯代を見直すチャンスです。お客様サポートでも評価の高いIIJmioですから、「格安スマホってよくわからないんだけど…」とちょっと不安なあなたにもお勧めです。ファミリーシェアプランにはオプションで「みまもりパック」というものがあり、子どもでも安心して使うことができます。

みおふぉんの速度

MVNOには様々な種類がありますが、その中でもIIJmioは、使用している格安スマホのサービス体系はdocomoの225MbpsのLTE回線である。注目すべきは回線速度の速さと、対応エリアの広さでそういった点で安心できるサービスということができます。通信速度も速く、安定感があり、いろいろなサイトの口コミやレビューを読むと、さすが人気を裏付けるだけの高い評価を得ているようです。「安い、なお且つ、速い」格安スマホをお探しの方には、IIJmioを利用すれば二つのニーズを満たすことができると思います。

IIJmioにおける72時間制限

みおふぉんは、ただし、低速通信をしている時に限っては、直近72時間の通信料に応じて、速度制限の対象になる場合があります。ただし、72時間の通信データ量を基準とした制限は、高速通信については実施されませんので心配無用です。契約者が同じ条件で利用できるよう、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなります。直近72時間のデータ通信に使用した容量に応じて、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。

IIJmio口コミまとめ

IIJmioのメリットは、サポートが手厚いこととブランドからくる信頼性の2点があります。株式会社イードがおこなっている格安SIMアワードにおいて、総合部門の最優秀賞を受賞したということからも、この結果からも多くの人が満足しているということがわかります。購入後は電話での窓口も設けているので、格安スマホやSIMフリースマホ初心者でも、格安スマホデビューするMVNOとしておすすめできる理由となります。

安定した高速通信と手厚いサポートが人気の理由

IIJmioの口コミや評価によると、通信速度がぶれることなく速いことと、フォローがしっかりしていることが評価アップの理由のようです。格安SIMアワードの結果にもその人気は見受けられ、顧客満足度の高さが評価され総合満足度最優秀に輝きました。つまり、IIJmioは格安スマホを始める際に、優秀な選択肢になるでしょう。現在あるMVNOの中でも、老舗としてのブラント力が強いMVNOであると言えます。IIJmioはずっと安定して高評価のレビューが多いので、会社選びで悩んでいる方には、何の問題もなく業者候補の一つに加えられることでしょう。

IIJmio料金と初期費用に関して

IIJmioの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。今現在ご使用されている会社の料金と見比べて、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、ぜひ比べてみてください。 月額プランを見てみましょう。

IIJmioの料金・初期費用

IIJmioの料金プランは、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。音声通話付きSIMは、070/080/090ではじまる番号を使うことができるので、今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、データ専用SIMでなく、音声通話SIMを選択する必要があります。音声SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円となっています。

データ通信専用SIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円です。

違約金

みおふぉんの最低利用期間について、ご紹介していきます。IIJmioについては、データSIMの最低利用期間に関する制約はありません。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。もし都合により12ヶ月経たないうちに解約すると、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は9,000円です。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

締切間近の割引キャンペーンの詳細